お問い合わせ・相談

オリジナル ぬいぐるみ 製作事例 - 社員インタビュー

主にぬいぐるみを担当 呉

「デリケートな商材だからこそ綿密な打ち合わせでイメージを実現」

主にぬいぐるみを担当する、呉さんにぬいぐるみ製作についてお聞きしました。

オリジナルぬいぐるみの一般的な素材、加工、印刷方法とは?

素材 主にポリエステルを使用します。
風合いによってナイレックス、ソフトベルボア、ボア、T/C等 ご提案致します
加工ぬいぐるみ、ストラップ型、オルゴール付き、キャップ型、カチューシャ等のアクセサリー形状等
ぬいぐるみだけでなく、各種キャラクターグッズも製作可能です。
印刷昇華転写、シルクプリント、刺繍、インクジェットなど 様々お選びいただけます。

オリジナルぬいぐるみを製作する工程や全体の流れとは?

  • ① ヒヤリングをもとにイメージをイラストに起こします。
  • ② ヒヤリングを元にぬいぐるみの素材・形状を提案させて頂きます。
  • ③ 試作品の製作を行います。実際の試作品を元に、お客様と色合い・質感・イメージのすり合わせを行います。
  • ⑤ 本生産に入る前に納品する製品と同一の最終試作品を製作します。
  • ⑥ 工場にて裁断・縫製、検査・検品を行います。
  • ⑦ 海外生産の場合は、海外より日本へ輸送を行い納品します。

今までに製作したぬいぐるみ、ぬいぐるみグッズの中でユニークな形状(素材)やアイデアの製品はありましたか?

スポーツの応援グッズ用に、チームマスコットのキャップ型ぬいぐるみを提案しました。
頭にかぶって応援できるので、応援する気分が盛り上がったとお声をいただきました。
マスコットのキャップ型ぬいぐるみは、とても目を引くためマスコットの認知UPにも役立ちました。

ぬいぐるみ

ぬいぐるみを製作する上で気を付けていることはありますか?

ぬいぐるみは一つ一つ、表情があるため縫製品の中でもとてもデリケートです。

人が縫製するためほんの少し縫製や、綿の入れ具合が違えば表情も変わってきます。
しっかりとお打合せをしてお客様の要望、イメージに添えるように心掛けております。

オリジナルぬいぐるみを製作する上でユニファーストの強みを教えてください。

弊社はデザイナーが在籍しておりますので、お客様のイメージからデザインを起こしてご提案することが可能です。
また生産拠点の中国工場とは密にコミニュケーションを取っており、私自身も中国工場へ足を運んでいますのでお客様のニーズに対し素早くご対応することが可能です。

関連オリジナルグッズページ


関連販促品特集

その他の製作事例を見る



オリジナルグッズ・販促品製作についてお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ