お問い合わせ・相談

オリジナル ノベルティ(おもちゃ) 製作事例 - プロジェクト紹介

営業本部 第2営業部

オリジナル縫製品製作の豊富な知見とコスト管理で、お客様メリットを最大化。

販促のための「おまけ」とはいえ、求められていたのは簡易なオリジナルノベルティではなく、市販品と同等の質をもったおもちゃだった。しかも猫ちゃん用。
縫製品に多くの実績を持つユニファーストでも、初めての取り組みだった。

Beyond Expectation
~期待を超えるために

  • ・猫ちゃんのおもちゃ?
    ・鋭い爪に耐える生地は?
    ・どうやって商品に取り付ける?
    ・タイに納めて日本に輸入…輸送と関税は?

市販品同等のクオリティで

プロジェクトは一本の電話から始まった。まだ取引のないある食品会社からの、こんな依頼だった――キャットフードの新たな徳用パッケージ商品の販促のため「猫用抱き枕」をおまけにしたい。猫が遊ぶものであり、強さや耐久性が必要になる。ユニファーストさんは縫製品に強いと聞いた。お願いできますか?

担当は、オリジナル縫製品製作で実績が豊富な営業第2部だ。
「ぬいぐるみやバッグなど、縫製品は数多く手掛けていますが、猫用グッズを製作したことはありませんでした。ペットショップで抱き枕を購入し、どういうものか確認しました。確かに猫がキックすることもあり、爪を立てることもありそうです。それに耐える生地の選択と縫製の工夫が必要だと思いました」と担当ディレクター。

初回の打合せで、お客様が想定している大きさや仕様を確認。さらに、プラスチック製の徳用パッケージの外側に貼り付けて店頭に並べること、商品はタイ工場で生産するので、ノベルティもタイに納品して欲しいという要望を受けた。

「分かりました。まず試作品をつくってお持ちします。それを基に細部を詰めたいと思います。タイ納品も承知しました。輸送費や関税のことについては調査の上ご報告します」と回答して担当ディレクターは打合せを締めくくった。
帰社後、さっそく社内の知見を集めながら生地の素材や強さ、厚みなどの細部を検討。同時に製造工場の責任者と試作品製作の段取りを詰めた。

試作品を元に詳細な仕様を決定

試作品は3日後に手元に届いた。製造工場もスピード感を持って取り組んでくれている。それだけに早くクライアントに届けたい気持ちはあったが、ここで慌てないのがユニファーストのスタイルだ。

「常に心掛けていることですが、まず担当ディレクターとして、お客様のご要望を満たすものになっているか、もっとできることはないか、自身の目で確かめます。納得がいかなければ現場に戻す。その上で、これでよいと判断できたものをお届けすることにしています」。

その試作品は満足できるものであったから、すぐに持参した。お客様に細部の仕様を説明しながら検討を進める。縦横の比率をわずかに修正すること、猫が音で面白がるように綿と共に詰めたプラスチックフィルムの量を調整することを確認、次は商品名などを印刷した完成品に近い見本の試作に進み、オリジナルノベルティを収めるパッケージのデザインと商品への取り付け方法を合わせて提示することにした。

文字のレイアウトも慎重に検討

縫製品のような立体的でしかも曲面のあるものに文字を印刷するのは難しい。単純に平面的にレイアウトしただけでは、文字が変形して読みにくくなってしまうからだ。

担当ディレクターは社内のデザイナーとのやりとりを重ねながら、文字入りの試作品をつくり、お客様との間で細部の詰めを行った。「お客様からの変更要望に対しては、ひとつの案だけでなくできるだけ複数案を示し、比較してもらうことでよりよいものに仕上げていくことを心がけました。お客様も、複数のものを見れば検討しやすいし、最終的な判断もくだしやすいと思います」と担当ディレクター。

実際この抱き枕の最終案づくりでも、商品名を当初の2行に分けたものから1行にまとめるなど、いくつものデザインパターンを比較検討しながら進めていった。さらに徳用パッケージ商品への取り付けに使う両面テープについても、何種類かの粘着の強さの中から、取り付け作業の効率や店頭での剥がれにくさなどを考慮して選定していった。

ベトナムの拠点を活かしてコスト削減

仕様の最終的な詰めと並行して、製造場所やデリバリーについて検討を進めていた。ユニファーストでは、縫製品の多くは中国工場を使っているが、今回はタイに納品する必要がある。

「中国からタイに出荷すると、輸送距離が長くなってそれだけコストがかさみます。また通関時に税金も発生します。そのためお客様のコスト負担が大きくなってしまう。調べてみると、隣国のベトナムなら輸送距離が短いのはもちろん、タイに輸出しても非課税であることが分かりました。当社はベトナムにも生産拠点があります。そこで今回は、中国で調達した材料をベトナムに運び込み、ベトナムで生産してタイに納めることにしました。

輸送ルートや生産体制は、お客様のコスト負担に直結する大きなテーマです。できるだけ費用が掛からないように工夫するのも私たちの役割であり、その点で、お客様に喜んでいただけるものになったと思います」と担当ディレクター。

抱き枕のおまけが付いた徳用パッケージ商品は、それまで日本市場に馴染みのなかったタイ産商品の販売促進を後押しする大きな力になった。

おまけを手にした消費者からは、飼い猫が遊ぶかわいい動画がSNSにアップされ、それがさらに話題を呼び、販売を予定していなかった小売店からも「ぜひ扱いたい」という声がバイヤーを通して数多く寄せられた。「抱き枕」は期待以上の販促効果を発揮するものになった。

オリジナルノベルティを企画する上で、消費者に喜んでいただくことは重要であるが、それ以上に小売店のバイヤーに注目されなければ店頭に並ぶ量が限られてしまう。ユニファーストのスタッフがいつも大切にしている視点である。

いま営業第2部では、第2弾、第3弾のおまけ企画をお客様と練り上げている。今回も、猫自身が長く遊べる本格的なものにして販促効果を高めるのはもちろん、生産や輸送などのあらゆる面でお客様のメリットを考えたものにしていくつもりだ。

関連オリジナルグッズページ


関連販促品特集

その他の製作事例を見る


オリジナルグッズ・販促品製作についてお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ