“海ごみゼロウィーク”デザインの「着られるエコバッグ」着用し、清掃活動実施 | ユニファースト株式会社

お問い合わせ・相談

“海ごみゼロウィーク”デザインの「着られるエコバッグ」着用し、清掃活動実施

2021.06.02

(青い「着られるエコバッグ」を着用して、28名の社員が清掃活動を実施)

 ”海ごみゼロウィーク”とは、環境省と日本財団の共同事業で、海洋ごみ問題の周知啓発をおこなう期間です。春は2021年5月30日(ごみゼロの日)から6月5日(環境の日)を経て6月8日(世界海洋デー)まで、秋は9月18日(World Cleanup Day)~9月26日の年2回あり、全国一斉に清掃キャンペーンを開催します。この清掃活動では、参加時に青いアイテム(青Tシャツや青いタオル等)の着用を推奨していることから、当社では環境にやさしい自社開発製品「着られるエコバッグ」の“海ごみゼロウィーク”デザインを製作し、28名の社員が着用して、本社のある東京・浅草橋周辺の清掃活動を実施しました。

 清掃活動は短い時間でしたが、思っていた以上にごみが集まり、地元・浅草橋の環境保全の一助となることができました。

 参加した社員からは、「ごみ拾いを通じて環境を守っている実感がわき、気持ちがよかった。日頃から気づいたらごみを拾うようにしたい」「想像以上にタバコの吸い殻が多かった。大人がしっかりしなければと思った」「在宅で家にこもりがちだったので、気持ちよく作業ができた」などの感想が寄せられました。また、近隣の方からは「ありがとう」と声をかけられる場面もあり、地域交流の機会にもつながりました。

 コロナ禍で、社員が一堂に会して活動する機会がほとんどなかったため、おそろいのビブスを着用して参加した清掃活動は、社員の一体感も強まった有意義な時間になりました。

(地域清掃活動風景)