お問い合わせ・相談

オリジナルノベルティグッズ製作時のポイント

2016.11.24

ノベルティグッズは時代とともに進化してきました。オリジナルノベルティグッズ製作に頭を悩ませている企業の方も多いのではないでしょうか。製作時のポイントを押さええることで、スムーズに作ることができます。

配布しやすいノベルティか

基本的にノベルティは不特定多数に配布するものです。ポケットティッシュやボールペンなどはコンパクトで配布しやすいという特徴があります。ノベルティを配布する場所は店頭だけに限らず、街頭で配布する場合もあります。

そのため、ノベルティが紙製だと雨で濡れたり、風で飛ばされたりしてしまうことを事前に予測しておきましょう。大量に配布する場合、1つひとつのノベルティに重さがあると現地に運ぶのに苦労しますし、大きいノベルティだとスペースを取り、歩行者の邪魔になることも頭に入れておかなければなりません。

消費者のニーズを捉えているか

消費者のニーズを捉えているものでなければ、ノベルティを製作しても手に取る機会は減ってしまいます。例えばボールペンはノベルティグッズとしてかつては人気がありましたが、今ではパソコンやスマホを使用する機会が多くなり、文字を書く機会が減りました。そのため、ボールペンよりもスマホクリーナーやiphoneケースやスマホカバーなどが人気を集めています。

また、主婦層をターゲットにしているのであれば、エコバックが最適です。以前までは、スーパーで買い物袋が無料でしたが、現在ほとんどのスーパーで買い物袋の有料化が進んでおります。エコバックを購入するよりもノベルティとして貰った方がお得感を植え付けることができるでしょう。

長期間使えるものか

流行を捉えたものは流行っている時期は、使われる機会が多いかもしれませんが、時期が過ぎると捨てられてしまう可能性があります。そのため、ノベルティグッズは長期間使えるものがおすすめです。

また、企業を宣伝する役割があるノベルティグッズは長期に渡り配りますので、長期保管に耐えられるものを選ぶのがポイントです。ポケットティッシュは消耗品として良いですが、使い終わったら捨てられますので集客としての効果は使い終わった時点でなくなります。そのため、ハンカチやメガネ拭きなどの布製がおすすめです。

どこでも使えるものか

ノベルティには、企業名やロゴを入れるのが一般的ですが、あまりにも企業名やロゴが大きいと消費者は人前で使うことに抵抗を覚え、使用を控えるかもしれません。そのため、企業名やロゴを小さく印字するか、デザイン性を高くしておしゃれな文字にして工夫をする必要があります。

おすすめ販促品特集

  • ビジネス・企業向け

    ビジネスシーンで活躍するアイテムのオリジナル製作、OEM生産ならユニファーストにお任せください!
    BtoB向けの展示会やカンファレンスのノベルティアイテム製作ももちろん可能です。ターゲットに沿った最適なアイテムの提案を行います。

  • 女性向け

    女性向けのプロモーションや母の日の販促品、ノベルティグッズの企画製作ならユニファーストにお任せください。日ごろの感謝をこめたプレゼントに最適なグッズをご提案します。


関連オリジナルグッズ